合同会社設立に少しでも悩んだら相談

合同会社の設立を考えている9割以上の方は、生まれて初めて会社を作る人かと思います。
生まれて初めて会社を作るのならば、何から始めて良いのか分からず混乱もするでしょう。
もし何から始めて良いのか全く分からないのならば、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
続きを読む “合同会社設立に少しでも悩んだら相談”

合同会社設立に必要不可欠な印鑑

会社名や事業内容も決まり資本金の準備ができ、定款もまとまれば、いよいよ設立に向けての書類作りに入ります。
合同会社を設立するのに必要となる書類は、登記申請書・定款・払込みがあったことを証明する書類(通帳のコピーなど)などです。
そして忘れてはならないのが、印鑑にまつわる書類です。
印鑑は本人であることの何よりの証明になるので、絶対に必要です。
続きを読む “合同会社設立に必要不可欠な印鑑”

代表取締役と代表社員

グループを作り率いるにはリーダーを決めるように、会社にも会社を率いるリーダーが必要です。
大企業となると話は変わりますが、個人での経営を考えているのならばリーダーは自ずとご自身になることでしょう。
ただ株式会社であれば代表取締役がリーダーとなり、合同会社では代表社員がリーダーとなります。
ではそれぞれにどういう違いがあるのか、見てみましょう。
続きを読む “代表取締役と代表社員”

合同会社の資本金

合同会社設立を決心し事業内容も決めたら、事業を実現するための資本金を決めます。
会社法で資本金は1円以上あれば問題ありませんが、現実的に考えると1円での資本金で事業は成り立ちません。
合同会社を設立して事業を始めるには、資本金はどうしても必要となります。
続きを読む “合同会社の資本金”

合同会社のメリット

何か新しい事業を行いたいというのならば、わざわざ合同会社を設立する必要はありません。
個人事業として行うこともでき、現に成功している方も大勢いらっしゃいます。
しかし合同会社を設立する人は、後を絶ちません。
合同会社を設立すれば、得られるメリットが大きくなるからです。
続きを読む “合同会社のメリット”

合同会社を設立する人は増えている

合同会社を設立する人は、年々増加傾向にあります。
平成18年では3,000社の設立でしたが、平成27年では2万件近く設立されました。
10年でおよそ6倍の増加です。
ではなぜ、合同会社を設立する人が10年で6倍にも増えたのでしょうか。
鍵を握るのは「働き方」そのものにありました。
続きを読む “合同会社を設立する人は増えている”