合同会社の英語表記

合同会社が海外進出をするためには、会社に関する様々なことを英語で表記しなくてはなりません。
海外進出でなくても。クレジットカードを作ったり、海外に送金したりするときには英語表記が必要です。

合同会社はアメリカのLimited Liability Companyを習って作られた会社形態です。したがって、英語表記する場合にはLLCを社名の末尾に着けることが最も多いようです。

例えば、「青空合同会社」の場合には、Aozora LLCといった具合です。日本では、会社形態を前に付けるか後に付けるかは結構しっかり確認を受けます。違っていれば、別の会社と判断されます。しかし、英語表記にしてみれば、「合同会社青空」でも、Aozora LLCとなります。

日本では、「合同会社青空」という会社が登記されていても、新たに「青空合同会社」で登記できます。しかし、アメリカでは、同じAozora LLCになってしまうので、先に登記してあれば後の登記はできません。

もう一つ、合同会社を英語表記する場合には、Goudou Kaishaという表記もあります。合同会社をそのままローマ字にしたものです。

厳密にいえば、合同会社は日本の法律に見合うように作られた会社組織であって。アメリカのLimited Liability Companyと全く同じというわけではありません。そこで、日本の会社組織であるということがはっきりわかるようにしたいならGoudou Kaishaの方が正確な表現になります。Goudou Kaishaを略してGKと記載します。「青空合同会社」ならAozora GKとなります。

実際に、無国籍企業と呼ばれるような大企業や、日本の巨大企業などは、グループ企業にアメリカのLimited Liability Companyが多数入っています。そういった組織の中では、企業形態を正確に表現するためにLLCとGKを使い分けています。

もし、海外で取引をするなら、当然に個人の名前も英語表記しなければなりません。最高責任者はCEOやPresidentという肩書を付けます。CEOはChief executive officerの略で最高経営責任者です。
また、CEOの下にはCOO(Chief Operations Officerの略)で最高執行責任者等が続きます。 anaging memberやExecutive memberとは業務執行社員になります。

名刺を作るときには、必ず必要な知識です。事前に自分の役職は英語表記するとどうなるのかを調べておきましょう

合同会社設立に少しでも悩んだら相談

合同会社の設立を考えている9割以上の方は、生まれて初めて会社を作る人かと思います。
生まれて初めて会社を作るのならば、何から始めて良いのか分からず混乱もするでしょう。
もし何から始めて良いのか全く分からないのならば、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。
続きを読む “合同会社設立に少しでも悩んだら相談”

合同会社設立に必要不可欠な印鑑

会社名や事業内容も決まり資本金の準備ができ、定款もまとまれば、いよいよ設立に向けての書類作りに入ります。
合同会社を設立するのに必要となる書類は、登記申請書・定款・払込みがあったことを証明する書類(通帳のコピーなど)などです。
そして忘れてはならないのが、印鑑にまつわる書類です。
印鑑は本人であることの何よりの証明になるので、絶対に必要です。
続きを読む “合同会社設立に必要不可欠な印鑑”

代表取締役と代表社員

グループを作り率いるにはリーダーを決めるように、会社にも会社を率いるリーダーが必要です。
大企業となると話は変わりますが、個人での経営を考えているのならばリーダーは自ずとご自身になることでしょう。
ただ株式会社であれば代表取締役がリーダーとなり、合同会社では代表社員がリーダーとなります。
ではそれぞれにどういう違いがあるのか、見てみましょう。
続きを読む “代表取締役と代表社員”

合同会社の資本金

合同会社設立を決心し事業内容も決めたら、事業を実現するための資本金を決めます。
会社法で資本金は1円以上あれば問題ありませんが、現実的に考えると1円での資本金で事業は成り立ちません。
合同会社を設立して事業を始めるには、資本金はどうしても必要となります。
続きを読む “合同会社の資本金”

合同会社のメリット

何か新しい事業を行いたいというのならば、わざわざ合同会社を設立する必要はありません。
個人事業として行うこともでき、現に成功している方も大勢いらっしゃいます。
しかし合同会社を設立する人は、後を絶ちません。
合同会社を設立すれば、得られるメリットが大きくなるからです。
続きを読む “合同会社のメリット”

合同会社を設立する人は増えている

合同会社を設立する人は、年々増加傾向にあります。
平成18年では3,000社の設立でしたが、平成27年では2万件近く設立されました。
10年でおよそ6倍の増加です。
ではなぜ、合同会社を設立する人が10年で6倍にも増えたのでしょうか。
鍵を握るのは「働き方」そのものにありました。
続きを読む “合同会社を設立する人は増えている”