合同会社のメリット

何か新しい事業を行いたいというのならば、わざわざ合同会社を設立する必要はありません。
個人事業として行うこともでき、現に成功している方も大勢いらっしゃいます。
しかし合同会社を設立する人は、後を絶ちません。
合同会社を設立すれば、得られるメリットが大きくなるからです。

合同会社を設立する1番のメリットは、「信用力」です。
例え会社が畳一畳分しかなくとも、会社は会社です。
会社は社会的な責任が重くのしかかり、逃げることは絶対に許されません。
だからこそ例え畳一畳分しかない小さな会社であっても、信用力があるという訳です。
信用力があれば、業務提携を結び事業を拡大することが可能となります。
個人事業でもできなくはないものの、業務提携はかなり難しいです。
「個人だから」という理由だけで提携を断る企業も多く、苦労続きです。
でも合同会社であれば、少なくとも「個人だから」という理由で断られることはありません。

また合同会社の設立費用が安いのも、大きなメリットです。
原則資本金は1円以上あれば、誰でも会社を立てることができます。
しかし現実問題、本当に1円で会社を設立している人はいません。
統計的に見ると合同会社の資本金は、100万円未満としている所が多いです。
中には1億円近くかけて合同会社を設立している方もいますが、極僅かです。
株式会社も基本的に、資本金は1円以上あれば設立は可能です。
ただ現実問題1円の株式会社は信用されず、すぐに倒産するのがオチです。
株式会社の資本金の平均は約300万円です。
合同会社と比べると、株式会社はお金がかかることが分かります。

会社について自由に決められるのも、合同会社の大きなメリットです。
株式会社の場合、例え設立者だとしても会社について自由に決めることは出来ません。
でも合同会社であれば、設立者・出資者本人が自由に会社について決めることができます。
自由に決めることができれば、機動性が高い事業を行うことも可能となります。