合同会社の英語表記

合同会社が海外進出をするためには、会社に関する様々なことを英語で表記しなくてはなりません。
海外進出でなくても。クレジットカードを作ったり、海外に送金したりするときには英語表記が必要です。

合同会社はアメリカのLimited Liability Companyを習って作られた会社形態です。したがって、英語表記する場合にはLLCを社名の末尾に着けることが最も多いようです。

例えば、「青空合同会社」の場合には、Aozora LLCといった具合です。日本では、会社形態を前に付けるか後に付けるかは結構しっかり確認を受けます。違っていれば、別の会社と判断されます。しかし、英語表記にしてみれば、「合同会社青空」でも、Aozora LLCとなります。

日本では、「合同会社青空」という会社が登記されていても、新たに「青空合同会社」で登記できます。しかし、アメリカでは、同じAozora LLCになってしまうので、先に登記してあれば後の登記はできません。

もう一つ、合同会社を英語表記する場合には、Goudou Kaishaという表記もあります。合同会社をそのままローマ字にしたものです。

厳密にいえば、合同会社は日本の法律に見合うように作られた会社組織であって。アメリカのLimited Liability Companyと全く同じというわけではありません。そこで、日本の会社組織であるということがはっきりわかるようにしたいならGoudou Kaishaの方が正確な表現になります。Goudou Kaishaを略してGKと記載します。「青空合同会社」ならAozora GKとなります。

実際に、無国籍企業と呼ばれるような大企業や、日本の巨大企業などは、グループ企業にアメリカのLimited Liability Companyが多数入っています。そういった組織の中では、企業形態を正確に表現するためにLLCとGKを使い分けています。

もし、海外で取引をするなら、当然に個人の名前も英語表記しなければなりません。最高責任者はCEOやPresidentという肩書を付けます。CEOはChief executive officerの略で最高経営責任者です。
また、CEOの下にはCOO(Chief Operations Officerの略)で最高執行責任者等が続きます。 anaging memberやExecutive memberとは業務執行社員になります。

名刺を作るときには、必ず必要な知識です。事前に自分の役職は英語表記するとどうなるのかを調べておきましょう