合同会社の設立準備

どんなに小さい会社であっても、会社は会社です。
会社を設立するのはビッグイベントの1つで、人生そのものにも大きく関わります。
そのためには、事前の準備が絶対に必要となります。
では合同会社を設立するにあたり、どう準備をすれば良いのでしょうか。

まずは会社名です。
合同会社であろうが株式会社であろうが、会社名を決めないことには前には進めません。
基本的には好きな会社名をつけられますが、一応のルールはあります。
既に存在している会社名と、同じにならないように注意することです。
会社名を他の会社名と同じにすることは実質可能ではあるものの、後で大きなトラブルになってしまいます。
世界で1つしかない、唯一無二の会社名をつけて下さい。
また会社名として使えない、文字や言葉にも注意です。
例えば「◯◯支店」「◯◯支社」は、見る人が見れば会社の一部門と思われるので使用不可となっています。
また公序良俗に反する名前も、会社名には使えません。

次に事業内容を決めます。
事業内容は法務局へ会社設立を届ける際に、どうしても必要となる項目です。
資本金を決めるにしても、事業内容がハッキリしていなければどうしようもありません。
合同会社の事業内容も基本的には自由ですが、合同会社では行えない事業もあります。
もし合同会社でできない事業を考えているのなら、他の方法を模索することをおすすめします。

合同会社を設立するには、本店の場所も決めなければいけません。
本店の場所は何処でもよく、自宅を本店として登録しても大丈夫です。
ただし自宅は自宅でも、賃貸の場合は要注意です。
また持ち家としてマンションを所有していたとしても、「事業用は使用不可」と管理組合の規約で定められていれば、本店にすることはできません。

合同会社の設立には、他にも行うべきことは山ほどあります。
会社設立のためになにを行うべきかを1つ1つしっかりと確認し、万全の体制で臨みましょう。
準備が完了すれば、いよいよ会社設立です。