合同会社設立に必要な印鑑


 

合同会社を設立する場合でも、他の会社を設立するときと同じように、印鑑が必要になります。
どのような印鑑が必要になるのかというと、最低でも3種類用意しておかなければいけません。

1種類目は実印なのですが、実印は個人でも所有しておく必要があるのは知っているでしょう。
個人用は使用できませんので、通常は合同会社を設立する前に、業務用として購入しておかなければいけません。

印鑑にもいろいろな種類が存在しているのですが、業務用として使用する場合には、天丸という種類か、寸胴という種類の丸い印鑑がおすすめできます。
もちろんこのような印鑑でなければいけないという決まりはないので、別の種類にしてもよいでしょう。

2種類目は銀行印になりますが、銀行印も個人で口座を持つときに使用した物ではなく、合同会社を設立した場合、取引の際にお金の入金や振り込みなどに使用する物を揃えておく必要があるのです。
おすすめなのは実印と同じように、丸型の天丸や寸胴なのですが、同じ種類の印鑑にするのはよくありません。

そのため、多くの人は実印よりも一回り小さな物を銀行印として使用しているのです。
3種類目は認め印と呼ばれている種類ですが、これも個人で使用している物とは別にした方がよいでしょう。

会社によっては丸印にすることもあるのですが、角印にする会社が多くなっています。
これは合同会社に限らず、他の種類の会社でも同じことが言えるでしょう。

もしくは角印と丸印の2種類を用意しておくこともあります。
最低でもこれだけ揃えておけば、安心して合同会社設立することができるでしょう。

もっとたくさん揃えておきたいという人であれば、会社の住所や会社名が書かれているシャチハタやスタンプ印などを購入しておいてもよいでしょう。
これらの印鑑を個別に購入すると高くなってしまうので、できればセット販売されている物を購入するのがおすすめです。

セット販売の場合には、大体3種類になっているのが一般的です。
実印に銀行印、認め印になっているのですが、印鑑に使用する材料は自由に選べる店も存在しています。

材料によって値段も変わってきますし、いろいろな特徴があるので、よく情報収集をしてから決めましょう。
店によって取り扱っている印鑑の材料も異なっているのですが、やはり印鑑は合同会社を設立してから相当長く使用していくことになります。

そのため、おすすめなのは長持ちする素材です。
あまり資金に余裕がない人は、価格重視で選ぶのもよいでしょう。