合同会社設立に必要不可欠な印鑑

会社名や事業内容も決まり資本金の準備ができ、定款もまとまれば、いよいよ設立に向けての書類作りに入ります。
合同会社を設立するのに必要となる書類は、登記申請書・定款・払込みがあったことを証明する書類(通帳のコピーなど)などです。
そして忘れてはならないのが、印鑑にまつわる書類です。
印鑑は本人であることの何よりの証明になるので、絶対に必要です。

まずは代表者印です。
合同会社を設立する際、本店がある地域を管轄している法務局へ登録する必要があります。
登録に必要となるのが、代表者印です。
代表者印は呼んで字の如く代表者が使う実印のことで、重要な契約を交わす際に用いられます。
代表者印は個人の名前は入らず、会社の名前が入ります。
個人名が含まれていても問題はないものの、信用に大きく関わるので入れることは滅多にありません。
代表者印の形は基本的に、二重丸で構成されています。
外枠には会社名が入り、内側には代表者の役職が入ります。
ただしあくまでも基本的な形であり、経営形態によって大きく変わる場合があります。
もし印鑑作成で迷ったのならば、専門家に相談することをおすすめします。

そして忘れてはならないのが、印鑑証明書です。
個人の印鑑証明書は本来法務局へ届ける必要はないものの、社員であることを証明するために必要となるものです。
定款(会社のきまりごとをまとめたもの)では、社員の名前・住所を必ず記載しなければいけません。
定款で記載する住所・氏名は、印鑑証明書と同じ内容が求められます。
また代表者印の登録にも、印鑑登録証明書が欠かせません。
合同会社設立時に印鑑証明書は必要ないとは言え、結果的には社員全員の印鑑証明の提出が必要になります。

印鑑は合同会社であろうが株式会社であろうが、自身の分身となる存在です。
会社設立を考えたのならば、印鑑を真っ先に準備しましょう。
印鑑の値段はピンキリとありますが、重要な”相棒”ともなるので、しっかりした印鑑を作って下さい。