株式会社と合同会社の違い

会社を立ち上げるのならば合同会社ではなく、株式会社という選択肢もあります。
しかし株式会社にしろ合同会社にしろ、設立するにはそれぞれの違いについて把握する必要があります。
では合同会社と株式会社の違いは、何になるのでしょうか。

合同会社と株式会社の違いを一言でいえば、合同会社は「中小企業向き」で株式会社は大企業向けとなります。
株式会社の場合、株式を発行することで投資家達から資金を調達することが可能です。
株式は売買できる資産となっており、会社に関係がない第三者に経営権を移すことができます。
経営者を誰にするのかは、株式を持っている株主が選びます。
だから会社設立に貢献した人であっても、株主が「経営者として相応しくない」と判断すれば、外すことが出来てしまいます。
仮に経営者が他の人に変わっても、利害関係は守られます。
経営が変わったからとは言え、今直ぐ会社そのものも変わってしまうということは有り得ません。

ただ株主が会社の経営そのものに大きく関わると、自由度はありません。
もっと簡単に言えば、株主が絶対的な存在になっているのです。
だから自由な経営はできず、何かを行う度に株主の顔色を伺う必要があります。
株式会社は年間売上が数百億・数兆円単位の大企業でも、対応できる会社です。
でも縛りが厳しく、自由な経営が出来なくなっています。

一方合同会社は、株式が発行されないので資本金調達には苦労します。
信用度も株式会社と比べると低くなっており、事業展開を広げるのが難しくなっています。
でも株式会社と違い、自由度があります。
合同会社はお金を出した人ではなく、会社に貢献した人が自由に経営することができます。
会社に貢献した人ならば、会社について誰よりも知っています。
会社に熟知した人であれば、より良い方向へと導いてくれるでしょう。
株主総会や取締役を決める必要もないので、機動力は株式会社と比較になりません。
世の中の流れを掴む仕事をと考えているのなら、合同会社はうってつけです。