会社設立に関する定款の作成!事業の目的について


 

会社設立するときは定款と言って、会社を設立する前に会社のルールを決めなければなりません。
定款では会社のルールだけでなく、取締役会の設置をするか否か、資本金はいくらかなども決めなければなりません。
また、事業の目的についても明確に記さなければならないので、その事業の目的について見ていきたいと思います。

 
・定款で記載する事業の目的とは?
定款で記載しなければならない事業の目的についてですが、これは「何をする会社なのか」を明記するものです。
事業の目的として明記するのもは、主にどんなサービスを行うのか、どんなものを売りたいのかなどを記載していきます。
この際、いろんな事業を行う場合であっても、主体となる事業を記載するようにしてそれに関連する事業もプラスで記載しておいたほうがいいと思います。
基本的には事業の目的として記載していないものについては、事業を行うことが出来ないので将来どんな事業を行いたいのかまで明確に記しておきましょう。

 
・事業の目的に反した場合はどうなるの?
会社設立の際に明記した事業の目的。
実際に定款に記していない事業を行ってしまうとどうなるのでしょうか。
事業の目的として記載していない事業を行ったとしても、会社法などにより罰則を受けることはありません。
目的の達成のために必要な行為として認めてもらうことが出来れば、事業の目的に反していたとしても罰則は受けません。
しかし、全く別の事業を行っている場合は、事業の目的として加える必要があり「事業内容変更手続き」を行わなければなりません。

 
このように定款では会社のルールや取締役会の設置に関すること、資本金や事業の目的などについて決めていくのですが、簡単に考えて記載してしまうと後で事業内容を変更しなければならなくなってしまうこともあるので注意しましょう。
事業内容を変更しなくてもいいように、定款の作成ではしっかりと事業の目的について考えてから作成し認証を受けたほうがいいと思います。
もちろん、後から事業の目的を変更することは可能なのですが、手続きを行うのが面倒だったり、事業や業務の妨げになってしまうこともあるので注意が必要です。
定款に記載した事業の目的に反していたとしても、罰則を負ってしまうことはありませんが、取引先や融資先などに対して信頼性がなくなってしまうこともあります。
会社設立した後は信頼性が全てとなり、仕事や融資も通りやすくなるので信頼を失わないためにも、初めに事業の目的を明確に記しておきましょう。