会社設立のお知らせの方法は?


 

合同会社として会社設立をする際には、どうしても事業の立ち上げで頭がいっぱいになってしまいがちです。
しかし長期的な視野で考えてみると、取引先や知人・友人・親族などへの会社設立のお知らせを含めた挨拶状の送付も重要な仕事のひとつになるのです。
一般的に挨拶状を送付するのは、クライアントになりそうな人や会社だけではなくて、お世話になった方々など広く送付をすることがポイントになります。
その理由は、会社設立をお知らせすることにつながる挨拶状が、絶好の営業ツールになるからで、できる限り多くの人にお渡しすることが大事になるのです。
また会社設立をお知らせする挨拶状は、会社設立前に先方へ届くように手配するように心がけることが大切で、一般的には営業日の1週間から2週間前が理想的と言われています。

合同会社の会社設立のお知らせを含めた挨拶状の送付方法は、昔なら郵送だけでしたが現在ではE-mailやSNSといつた送付手段もあるのです。
ただ現在でも郵送が一般的でもっとも丁寧な方法と考えられるので、できることなら郵送にするよう心がけることをおすすめします。
会社設立の挨拶状を送る際には、いつ設立するのか、本社や事業所の住所、どのような事業をするのか、問い合わせ先などのお知らせをはじめ、お世話になったお礼や今後のお願いも添えると良いです。
書き方としては一般的なビジネス文書のマナーに沿って、用紙は長方形封筒+3つ折りA4サイズ用紙、封筒+2つ折りカード、封筒+カード、ハガキなどが考えられます。

E-mailは郵送よりもカジュアルで気軽なイメージなので、友人や元同僚など気の置けない関係の人に対しての送付手段と考えるべきです。
ただカジュアルすぎると相手に捉えられてしまわないように、あまり文面を崩しすぎないように注意が必要になります。
また商品パンフレットや企業の公式サイトへのリンクなども送れるメリットもありますが、あまり自社のアピールをしすぎると悪い印象を与えてしまうこともあるので注意が必要です。
SNSで人脈を広げることが一般的になっている現在ですから、会社設立のお知らせを投稿するのもひとつの方法としてあります。
しかし挨拶状が届く前に投稿しないように注意が必要ですし、公開範囲の設定や投稿するタイミング、表現についても十分に注意しなくてはならないです。
合同会社設立のお知らせを含め重要な営業ツールと共に、今までの感謝を伝える貴重な機会になる挨拶状なので、相手との関係で伝え方や送付方法を検討して一番効果的な方法で実施しましょう。